忍者ブログ

AKB48、いいとも史上最多33人で登場

人気アイドルグループ、AKB48が12日のフジテレビ系「笑っていいとも!」のテレフォンショッキングコーナーに出演。同番組史上最高となる33人が1度に登場した。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小姐早團體服等在店門口將上門的生意

噴印機光靠跑腿小費 賺來一身美國名牌 更新日期:2011/05/09 03:10 潘欣彤/台北報導 中國時報【潘欣彤/台北報導】 民國五○年代,越戰正如火如荼,每天都有大批美國大兵,得以暫時遠離戰火,到台北來享受難得的假白蟻期,他們帶來的大筆美金,養活不少家庭,當時的中山北路、錦州街一帶,以服務除毛美軍為主,酒吧、飯店林立,繁華一時。 民國五十五年,還是高中生的吳明來,為考大學北上,一邊念書、一邊在親融資戚位於漢口街的華府大飯店打工,專門負責接待從越南來台度假美軍,供吃供住,還有月薪三百台豐胸幣,光靠跑腿小團體服費,月收入常破兩千元,「那噴印機時全身上下都是美國貨。」 吳明來回憶,泛美航空每天兩班飛機,接送休假軍人往來越南與台北,入關後便有專車接送至當時美軍專屬「海龍俱樂部」,再轉巴士抵達挑選好的下榻飯店,導遊與酒吧小姐早等在店門口,等待即將上門的生意。 吳明來說:「許多大兵一進門,就開始發錢。」當時美國大兵月薪兩百美元起跳,一百美元能換四千台幣,在民國五十年代算是「鉅款」,付每晚一百七十六台幣房款,請人製作一套西裝,包下酒吧女度過五天假期仍有剩餘,也是他們時興的度假方式。 有天,吳明來在大廳看到一位黑人,每天只是坐在大廳,看著《Newsweek》沉默不語,他上前詢問,才知他叫Tim,沒錢玩樂只能待在旅館內,吳明來便請他吃飯、看電影,臨別時,Tim拿出打火機,耍了一陣後送給吳明來,從此,兩人未再見面。「為了幫他點煙,我費心苦練花式技巧,卻從未用到……」讓吳明來感嘆。
PR

コメント

コメントを書く

お名前:
タイトル:
文字色:
メールアドレス:
URL:
コメント:
パスワード:   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事にトラックバックする:

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

リンク

カテゴリー

フリーエリア

最新コメント

最新記事

最新トラックバック

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

バーコード

RSS

ブログ内検索

アーカイブ

最古記事

P R